グリーンピース報告書『東電福島原発汚染水の危機2020』

すごく重要なレポートがグリーンピースから発表されている。

これを読まずに論議することはできないし、理解せずに何も決められない。

「有機物と結合したトリチウムの問題」と東電が最近まで発表しなかった「炭素14」の問題だ。

また解決できるのに費用が高いと言ってその分離処理法を選択しなかったことも指摘している。


これが自分の国でなかったら、「この国はもうダメだ」と言いたくなるほどのいい加減さだ。

とにかく重要なレポートなので読んでほしい。難しいのはわかるが今の日本の現実問題なのだ。これほど重要なレポートも珍しい。ぜひ読んでほしい。わかるまで調べながら熟読してもらいたい。

******

 汚染水の海洋放出、放射性炭素が人間のDNAに損傷を与える可能性 ーー
グリーンピース報告書『東電福島原発汚染水の危機2020』



国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区)とグリーンピース東アジアは本日、東京電力福島第一原発の放射能汚染水(処理水)についての新たな調査報告書『東電福島原発汚染水の危機2020』を発表しました。

報告書では、このまま日本政府の計画が進めば、汚染水に含まれる放射性炭素(炭素14)のおよそすべてが太平洋に放出されることになると警告しています。炭素14の半減期は5370年。数千年にわたって環境中に存在し、炭素はすべての生物に基本構成要素として組み込まれることから、長期的に見れば集団被曝線量の主な要因となります。このため、炭素14は人間の細胞DNAを損傷する可能性があるのです。(注1)

これについて、日本政府と東電は、タンクに貯蔵されている123万トンもの汚染水は「処理済み」で、トリチウムしか含まれていないととれるような説明を続けています。日本政府は近く、汚染水の太平洋への放出を決定するものとみられています。

レポート全文はこちら
https://www.greenpeace.org/static/planet4-japan-stateless/2020/10/ba82306e-radioactivewater_jp_fin.pdf

一部抜粋

シェア感激です!