いい事をする前に 悪い事を止めるお金中心でない価値観の世界の実現を

動画JAPAN VOICES 提言集 より

田中優「いい事をする前に 悪い事を止めるお金中心でない価値観の世界の実現を」 

動画7:55より

「多くの人たちは世界に協力するとか支援するとか、そういう言い方をしたがると思う。
僕はその必要はないと思っている。 

なぜならば例えば原発を輸出したり、ODAで援助するっていう名のもとに熱帯林を伐採したり、ダムを造ってきれいな風景、そして彼らの生産地である農地をつぶしてしまったり、そうした迷惑をかけてることの方がはるかに大きいのに、何でその迷惑をかけていることを言わずに、新たにこんな良いことをしますばっかり言おうとするのか。  

僕は、良いことをしようと思う前に、悪いことをやめることの方が重要だという風に思っています。 

現地の人たち、地元の人たちが自分たちで選んだものに対してそれをサポートしていくということが僕はとても大事なことではないかと思う。 

一番人々にとって必要なのは、“可能性を見ること”だと感じています。可能性が見えれば、どっちに向かって行ったらいいのか誰もがわかるようになる。そしたらあとはそっちに向かって走って行けばいいだけのことになるからです。 

そのためには多くの人たちにそんな未来じゃなくても、”こんな未来は実現可能だ”ということを伝えていくことが大事だという風に思います。 

そしてエネルギーが地域で自給され、そして食べ物も自分たちで作ることが可能になり、自分たちのコミュニティで何から何までやっていけるという風になったとき、どこにおカネが必要なのか?もはやおカネに頼らなくちゃいけない部分は極めて小さな部分になる。 

その時代を、2050年位には僕は世界中に実現してしまいたいと思う。 
そのためにできることをみんなが“自分にとって一番やりやすいポジションで、やりやすい役割を担って世界を変えていくこと”、それができれば僕は未来は必ず良いものにできるという風に思っています。」

シェア感激です!