10万年前のネアンデルタール人は核の夢を見るか

核の最終処分場を受け入れたら10万年保管

今から過去に10万年さかのぼるとネアンデルタール人の全盛期

無責任なことを無責任と言わないでいることが問題。

カネのためなら何でもするの。

ぜひご覧になってみてください。

以下、動画説明文より

HBCテレビ『今日ドキッ!報道スペシャル ネアンデルタール人は核の夢を見るか~高レベル放射性廃棄物の行方~』2021年5月29日放送

【番組内容】

原子力発電所から出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる核のごみの最終処分場選定にむけた文献調査が進む北海道寿都町と神恵内村。4月に「対話の場」が始まった。神恵内村は大きな混乱はなかったが、寿都町では会の目的や人選などで参加者から異論が噴出し、波乱のスタートとなった。両町村には国から最大20億円の交付金がそれぞれ出るが、寿都町の住民には最終処分方法に対する根強い不信感や調査に応募した町への反発がある。

核のごみは地下300メートルより深い場所に埋める地層処分を行う。だが人体に影響がないレベルに下がるのは10万年後とされる。いまから10万年前はネアンデルタール人の時代だ。最初に花を愛でたとされる人々は核の問題を想像できただろうか。
番組では寿都町の動きを主に追う。住民から反対意見が出るのを承知しながら応じた町長。核のごみの調査応募に賛否がわかれ分断されていく町民たち。そんなか私たちは今年3月に寿都町職員を辞めて漁師になった一人の男性に出会う。大串伸吾さん。北海道大学の大学院生のとき、研究で訪れた寿都町にほれ込み、そのまま第二の故郷とした大串さんがなぜ辞めたのか。核のごみに人生を左右された家族の思いと葛藤とは。

1980年代にある調査が秘密裏に行われた。全国88か所を処分地の適地としたのだ。北海道では11か所が適地とされた。寿都町は何と記載されていたのか。一方、別の立場から調査を行った元研究員は「日本に地層処分できる場所はない」と証言する。
地質学、地理学、地球物理学や地震学の専門家など多角的に取材し、様々な観点から地層処分の在り方について考える。さらに「日本で唯一安定した場所がある」と新たな最終処分場の適地候補を提案する科学者の話も伝える。

そして地層処分の実施主体であるNUMOのトップ、近藤理事長にも独自にインタビューを行った。地層処分は可能なのか、10万年後の安全をどう考えるか、トップの答えは?

地質の専門家は語気を強め訴える。

「10万年先に科学者は責任を持てない。いまの科学はそんなに万能ではない」

10万年後の世界をいったい誰が想像できるのか。
10万年後まで責任をもって核のごみを処分できるのか。
その安全は誰が保障するのか。
処分地の決め方はどうあるべきなのか。
核のごみの“いま”を考える。
https://www.hbc.co.jp/tv/neanderthals/

シェア感激です!