これぞ職人技!大黒柱の刻み

天然住宅life(主に西日本を対象に天然住宅を提供しています)で一緒にしている一級建築士、大塚尚幹さんの家作り動画です。こういう職人たちへのリスペクトが支えている。

素晴らしい伝統技術です。ぜひご覧ください。

<大塚尚幹さんコメント> 
(岡山県備前市)牛窓のパン屋さん、”おぷすと”の木材の加工が始まりました。
7寸角のヒノキの通し柱を6本使います。
こういう手加工をしてくれる大工さんはとても少なくなりました。
本来の大工さんにとって、柱や梁を一つ一つ、墨付けして刻んでいくのが技術の見せ所であり、上棟したら8割方出来たようなものです。

最近の多くの大工さんはその墨付けや手刻みが出来ません。
日本の造の技術の伝承がなくなりつつあります。なんとかその技術を残していきたいです。

シェア感激です!